Blog い草・花ござ専門メディア

2021/07/19 01:10

夏の足元を涼しく!花ござインソールとは



『花ござインソール』とは、国産花ござの織元・松正が開発したカラフルな畳素材のインソールで、松正のある福岡県・柳川市の認定ブランドにも選ばれています。もちろん、国産い草100%で作られており、丈夫さ、肌触りなどにもこだわり抜いた自慢の商品です!スニーカーはもちろん、パンプスや革靴に入れてもお使いいただけます。

い草には臭いや湿気を軽減する効果があるため、一日中靴を履いているような職場の方に是非おすすめしたいアイテムです。

本記事では、そんな『花ござインソール』に込めた想いとこだわりをご紹介したいと思っています。

→花ござインソールの購入はこちらから!


花ござインソールに込めた想い



『花ござインソール』は、「い草や花ござを、もっと身近に感じてもらい、生活の中に気軽に取り入れて欲しい」という想いから生まれました。そのため、素材や使用感はもちろん、お値段も一足1,265円(税、送料込み)と非常にお求めやすい値段に設定しております。

花ござを使ってインソールを作ることで、い草を気軽に生活の中に取り入れてもらえるきっかけとなり、より多くの人にい草の良さを実感してもらえたらいいな、という想いが詰まった商品となっています!



花ござインソールのこだわり

■こだわりの素材



普段は見えない靴の中もおしゃれに彩り、スニーカーにもパンプスにも合わせられる、靴の中にぴったりな『花ござインソール』です。
花ござには、抗菌作用・吸湿効果・消臭効果が備わっているため、靴の中を快適に保ちます。

花ござインソールは、まず素材にこだわっています。国産い草を100%使用しているのはもちろんのこと、昭和二十二年創業で日本一の花ござ生産量を誇る「松正」が目利きした、長くて良質ない草を熊本の農家さんから仕入れています!

良質ない草を使用しているからこそ、破れにくく、色落ちもしにくい良質なインソールが出来上がるというわけです!


■こだわりの織り方、”袋織”



花ござにも紋織や掛川織などの様々な織り方があるのですが、その中でも「袋織」という方法を採用しています。

袋織とは、花ござの中で最も丈夫かつ、繊細な模様を綺麗に表現するのに向いている織り方です。

靴を脱いだときに見える、袋織で織られたカラフルな柄が、あなたの生活を彩ってくれることでしょう。


■選べる9つの色合い



インソールといえど、履いている靴の色に合わせたりしたいもの。様々な靴や服に合わせやすいように花ござインソールにはレッド・オレンジ・イエロー・ピンク・グリーン・ブルー・ブラウン・パープル・ナチュラルの9つの色を用意しています!

どれも可愛いので、靴の色味に合わせて複数持っておくのもありかもしれません!


お手入れの方法



ずっと靴のままに入れ続けるよりも、たまに陰干しして乾燥される事をオススメします。インソール自体の水洗いや洗濯はできないので、ご注意ください。もし雨でインソールが濡れてしまった場合、靴から取り出して完全に乾かしてからご使用ください。



仕様


■サイズ

全8サイズ(cm)

22.5・23.5・24.5・25.5・26.5・27.5・28.5・29.5

※サイズは、普段の靴のサイズと同じか、0.5cm小さいサイズをお選びください。

※他の布製のインソールと同じく、穴が空いたら買い替えていただくことをおすすめします。


■仕様

表面:日本産い草100%

裏面:不織布

縁:綿 85 % 麻 15 %

原産国:日本製

→花ござインソールの購入はこちらから!




この商品が良いな!と思ったら、フォローやお気に入り登録もしていただけると嬉しいです!

松正オンラインショップはこちらからご覧いただけます。